活字と越冬

怠けながら楽しく生きる invest energy in pursuing laziness

【1人暮らし】新居に引っ越したらすぐにやるべきこと10選

こんにちは。
越冬です。

前回部屋探しの記事を書いたので、次は「引っ越したあとにやるべきこと」について書きます。

引っ越したあとは新居でゆっくりしたいですよね。
でも、ちょっと踏みとどまってください。
いまはクリーニングも施されピカピカの新居ですが、生活していくうちに部屋は汚れていきます。

引越したあとにひと手間加えるだけでその後の定期的なメンテナンスの回数を減らすことができます
また最初に徹底した防虫対策をしておくとその後、部屋の中でほとんど害虫を見ずに過ごすことができます。
ここをサボってしまうと後にもっと面倒なこと(掃除に余計な時間がかかったり、害虫がでてきたり)してしまうかもしれません。

今回は取り組みやすい所から順番に解説していきます。

(※100円ショップのアイテムを結構使用します) f:id:ettou12:20201026133915j:plain f:id:ettou12:20201026133920j:plain

それでは「引っ越したあとする事リスト」を見ていきましょう。

引っ越したあとするべきこと

部屋の写真・動画を撮る

まずはスマホで部屋の至るところをカメラでパシャパシャ撮りましょう。
これは自己防衛のためです。
新築なら良いのですが、ほとんどの場合は前に住んでいた方がいらっしゃると思います。
なので、入居した時点で壁がヘコんでいたり、黒ずんでいたりすることがあります
フローリングの床が日光で焼けてしまっている、なんてこともよくありますね。
基本的に入居時点で初めから部屋にあった破損・汚損の箇所については、借家人が退去時に修理費用やクリーニング費用を負う必要はありません
しかし、退去時にこういった元々ついていた壁の傷や汚れ等に対して、クリーニング代を請求してくる不動産会社も現実に存在します。
そのときに入居時の写真や動画が証拠となって無駄な料金を払わなくて済むので面倒くさくても部屋の中でちょっとした汚れや剥がれなどがもしあれば写真や動画等で記録に残しておきましょう

お部屋にバルサンを焚く

f:id:ettou12:20201026133742j:plain 燻製タイプの害虫駆除剤です。
入居したときに1発撒くのがおすすめです。
入居後家具などを運び込んでしまうと、部屋の中の家電や電子機器を一度ビニールなどで覆ってからでないとバルサンを焚くことができないので(精密機器は煙が入ると故障の原因になる) 引っ越し会社が家具などを運び入れる前日などに撒くのがおすすめです。
これを撒いておけば家じゅうの害虫を殲滅できます

お風呂場の排水口の受け皿を変える

f:id:ettou12:20201026134016j:plain

お次はお風呂場です。
お風呂場の排水溝は髪の毛が絡まりやすく、掃除するときは面倒になりがち。
しかし、最初から毛の絡まりにくいものに受け皿を変えておくと、気になったときにヒョイと髪の毛を取り払って掃除を完了することができます。
100円ショップの各店舗で売っています。

f:id:ettou12:20201026133818j:plain f:id:ettou12:20201026133814j:plain

お風呂場に防カビくんを焚く

f:id:ettou12:20201026143943j:plain お風呂は湿気がこもりやすく、黒カビの温床になりがちです。
入居時のクリーニングされたあとのお風呂に防カビくんを焚いておくだけで2~3ヵ月はカビが全くつきません
そのあとも3ヵ月おきくらいに防カビくんを焚くだけでお風呂のカビをゼロにできます。 バスタイムのたびに黒カビと目を合わせるのはかなり萎えますよね。
撒くだけでいいのでラクですし、カビを目にしないだけでかなりQOL(生活の質)が上がります。

キッチンのゴミ受けを変える

賃貸物件はキッチンのゴミ受けはほとんどプラスチック製のものです。

こんなやつ。 f:id:ettou12:20201026225814j:plain
これをそのまま使っていると、ヌメりや汚れがすぐについて洗剤をつかってもなかなか落ちず衛生的にあまりよくない。
入居段階で、汚れが付きにくく洗いやすいステンレス製のものに変えておきましょう
f:id:ettou12:20201026225942j:plain

ゴミ受けに水切りネットをかぶせる

ゴミ受けを変えたら、忘れずに水切りネットもかぶせておきましょう。
掃除がラクになります。

滑り止めシート(食器棚シート)を引く

f:id:ettou12:20201027152817j:plain キッチンや洗面台のシンク下や下駄箱、クローゼットなどにあらかじめ敷物を敷いておくと、汚れにくくなりますし物も滑らなくなって一石二鳥です。
敷くとなんだか「やってる感」もでてくるのでおすすめ。

エアコンホースに防虫キャップをつける

f:id:ettou12:20201026144049j:plain エアコンの室外機からチョロッとでているホースから虫が侵入してくることがあります。
ゴキブリなども例外ではありません。
虫が部屋に侵入してくるのを防ぐには防虫キャップがおすすめ。
100円ショップで売っています。
f:id:ettou12:20201027152748j:plain このようにキャップの上からさらに水切りネットを被せると小さな虫の侵入も防げます

換気口にフィルターを貼る

f:id:ettou12:20201026144117j:plain 換気口にこいつを貼っておくだけで、「汚れたら剥がして新しいのをつけ替えるだけ」になり、掃除の手間が省けます。

トイレにスタンプとブルーレット。たまにハイターを撒く

次はトイレ。
1人暮らしでトイレを掃除するときって、ちょっと暗い気持ちになりますよね。
でも、一番初めにあることをしておくだけで、ほとんど掃除が不要になります。
まずはトイレのスタンプクリーナーを張り付けましょう。 f:id:ettou12:20201027152841j:plain スタンプをしておくだけで、毎回水を流すときに掃除をしてくれます
次にブルーレットを配置します。
名前の通り置くだけで完了。
トイレタンクを除菌するEXタイプがおすすめ。
f:id:ettou12:20201027152853j:plain 流すだけで除菌剤を含む水がトイレに流れコーティングされるので汚れがつきにくくなり清潔が保たれます。 それでも少し汚れが気になってきたらトイレハイターを撒きましょう。
f:id:ettou12:20201027152858j:plain スタンプも小さくなってきたらまた押すだけ(1か月に1回くらい)なので、ほとんど手間はかかりません。
最初にスタンプとブルーレット、そしてたまにハイター
これだけでトイレ掃除の時間を大幅に短縮できます。


最初の手間を惜しまず、快適な1人暮らしライフを謳歌してくださいね。
ではでは~(@^^)/~~~