活字と越冬

怠けながら楽しく生きる invest energy in pursuing laziness

仮想通貨(暗号資産)について思い出すこと

2017年に仮想通貨に投資をしていた時期がありました。
そのときのことを思い出しながら、つらつら回顧録を書いていきたいと思います。

投資額はトータルで100万円だったと記憶してます
社会人1年目の下っ端サラリーマンだったから、いま考えると結構な額を投資してるなーと感じますね。
(多分金銭感覚ちょっと狂ってたと思う…)
そして最終的に結構な含み損が出ました。
(多分80万くらいかな…)
100万ぶち込んで20万になってしまったってことですね。
トホホ…

でも、「仮想通貨なんて手を出さなきゃ良かった」とか「損して悔しい」みたいな気持ちはその当時も今もほとんどない。
強がりとかでなく。
なんかあの時けっこう楽しかったんですよねー。

身銭を切って投資している分、投資に関しての知識が増えましたし。
「どの銘柄のコインがこれから高騰するんだろ」って自分なりに考えたり情報収集して研究しながら、それを元に買うコインについて悶々と考えたりする。
これはなかなか楽しい時間でしたね。

それに仮想通貨は情報の更新スピードがめちゃめちゃ早いのでトレンドがすぐ変わってしまいます。
なので書籍とかで情報を得ようとすると、すぐ時代遅れになってしまう。
まあ、そもそも黎明期だったので専門書もほとんどなかったですけど。
そんな分野なんてなかなか身の回りにないですからワクワクしたのを覚えてます。

情報源はどうしてもネットになってしまうですが内容はもちろん玉石混交のため、必要な情報を得るには非常に高いリテラシーが必要でした。

あと、仮想通貨について思うこととしては、 まず実体がないというのがクールだと思います。
「データ上にしかない」ってのが良いです。
重みも色もないし、触れることもできない。
でも存在してる。
なんかカッコよくないですか?

また仮想通貨を買い増していると、だんだん買う銘柄に偏りが出てきます。
この偏りを「ポートフォリオ」といって、例えばBTC(ビットコイン)を全体で50%所有しているとか、持ってる通貨がほぼ90%以上MONA(モナコイン)だとか、 ポートフォリオ自体にその人の個性がにじみ出るというのもなかなか面白かった。

アイドル好きの人に推しがいるように、仮想通貨が好きな人もそれぞれの推しコインがあるのです。
ちなみに自分のポートフォリオは半分くらいがネムというコイン(XEM)で構成されていましたね。
(その当時は1ネム200円とかでしたが、いまは2円くらいに暴落してますね…)

そして、分散投資先としても優れていると(その当時は)感じてました。
先行きのわからない日本国で「日本円だけずっと持っているのはリスクがあるんじゃないか」と思っていたわけです。
円を他のかたちで所有するとしたら、ゴールド(金)や不動産などが考えられますが、金(ゴールド)は実体がある分、場所をとりますし、盗難リスクもあります。
不動産は維持費もかかりますし、土地の価格は昨今どんどん下落していく一方です。
また、ゴールドも不動産も買うまでの敷居がけっこう高いです。
そう考えたとき、仮想通貨はSNSを登録するような感覚で取引所のアカウントを作り、そこに入金すればそれだけで購入できます。
そういう手軽さもあり、円を他のかたちで持ちたいと思ったときに仮想通貨は分散投資をする選択肢の一つにはなり得るんじゃないかとその当時は思ってました。
(いまは「遊びでやるのはいいけど、本気で投資するのは危険だ」と思ってます…)

では、仮想通貨のデメリットはなにか。
考えたとき、それは保管と管理がとても面倒ということだと思います。

専用のウェブwalletやハードウェアwalletは当時から少しずつ出始めていましたが、扱うのに手間がかかるのと、アドレスを忘れたり、入力を間違えたりすると一瞬で資産が消えてしまうという怖さがあります。

もっと操作がわかりやすくて安全なウォレットが出れば良いのですが。
その当時は(今もそうかもしれないけど)そんなものはなかったですね。

だらだら書いてきましたが、あと何かあったかな…

そういえば、あと面白かったのが、 全然関係ないですけど仮想通貨の価格がめちゃくちゃ釣り上がっているときとか、逆にすごい暴落時にツイッターとかを見ると人間のリアルな一喜一憂が見れてけっこう良い暇つぶしになりましたね。
まあ、これは仮想通貨の投資を余剰資金でやっている人だけの娯楽ですが。
(本気で全額投資して人生かけてやってる人とかは、必死なのでこんな余裕はないと思う)
たまに借金してコイン買ってる人とかツイッターで見かけました。
一攫千金の儲けだけを考えて仮想通貨を買ってるような人たちです。
正直資金全賭けとかはおススメできないですね。
外側から眺めるように楽しむ余裕がなくなっちゃいますので。

以上つらつらと(間延びした感じでだらだらと)書いた仮想通貨の思ひ出でした。

おしまい。